2018年2月19日月曜日

審査稽古 始めました・・・2/15~18吹上同好会

だんだん日が沈む時間が遅くなってきました。
合気道を始めて夕方に行動することが多くなりましたので日の入りの時間の変化には少し敏感になっています。吹上ですと一般の時間は16:35からですが1・2か月前はこの時間はもう暗くなりはじめていましたが、今はまだまだ明るく稽古が終わるころに「ああ、日が暮れてるな」と気付く感じです。日照時間が増えて少し暖かくなると今度は花粉症の季節。遮るものがない平野部ですので赤城おろしと相まってつらいですね。

さて、初夏のラーメン屋さんみたいなタイトルですが、吹上でも審査稽古始めました。
おかげさまで吹上は茶帯受験有資格者が多く、受けるとすれば浦安での審査ということでプレッシャーを感じつつも向上心を持った稽古ができています。
茶帯の審査、自分のときはどうだったかなあ~と思い返しますと、それまではあまり考えていなかった出稽古に行ったり、居残りをしたり。やっぱり技が増えることにプレッシャーを感じていたでしょう。ただ、受け終わってしまうとその技の数が急に少なくなったような気がしたように記憶しています。ある程度、覚えた!と思ったからでしょうか?3級、2級と進み1級のときには落とし穴がありました。交通事故に遭いムチウチになりそれまでのように稽古ができなくなっていたのですが、これまでの積み重ねで何とかなるだろうとタカをくくっていました。この考えが大甘で不合格~。こんな茶帯の段階でそんな積み重ねなんてあるわけないですよ。怪我で身体が動かないのに甘い考えで受験した僕が悪いのです。と、思えるようになるまでは大分時間がかかりましたが。。。。

まあまあ、そんな役に立たないビターな思い出は良いとして、流石に茶帯が多いので受ける、今回は見送る人と分かれています。この日は試みとして3~4人のグループに分かれて審査稽古をしてみました。少人数のグループなので隣の雰囲気がわかりやすいし、お互いに教えあいアドバイスしあいができていたと思います。特に今回受けない人は進んで受けを取ってみてください。受けからわかることは多いですよ。また技の説明を他人にすることは自分の理解を深めることにもなりますので、鬱陶しがられない程度にやってください。また説明の後には十分に実践の時間を取るようにするのも忘れないで。ともかく今回受ける予定がない人は次回の審査につながるように取り組んでください。

日曜日の熊谷も吹上からの出稽古が5名と審査に向けて燃え上がってまいりました。
新たに入った兄弟は構え、正座法、膝行法までやり、正面打ち一カ条抑え(一)を行いました。構え、礼法は基本動作の前段階。段階を踏んでしっかりやりましょう。
技のほうは、やはり正面打ちがきちんと打ててないので正面うちだけ二人一組でやってみました。この日は少年部の出席が多かったので助かりました。
もちろん一般部のほうも審査稽古で盛り上がっていました。目の前に明確な目標があるとやはり取り組み方が変わりますよね。合気道の稽古は自分との闘いというか、語り合いという内向きな趣きが強いと思いますが、審査は外にあるものを勝ち取る、エネルギーが外に向くからなのでしょうか??

ところで吹上茶帯軍団の間ではいま自由技がテーマになっています。この段階から準備していれば後々楽ですし、なにしろジム先生の影響も強いと思います。どっちにしてもいいことです!基本の8本はもちろん、稽古の中でちょいちょい教えてもらっている8本以外の技もちりばめましょうね。

皆さん、合否はともかく今後につながる審査になるように頑張りましょう。

さいとう

2018年2月15日木曜日

快挙!・・・2/10、2/11、2/12 吹上同好会

寒い寒いと言いつつも、何となく寒さも和らいできたかなという日もあり春遠からじを実感します。庭の蝋梅もつぼみがほころび始め、良い匂いを醸しています。
でもまだまだインフルエンザは流行中、お気を付け下さい。

さてジュニア大会を前にした10日の稽古は、少年部はまず受け身でウォーミングアップ。この日は杖を使ってダイナミックな受け身をやりました。
その後はそれぞれに分かれてジュニア大会稽古。参加しない人は次に受ける審査に向けて正面打ち一カ条、片手持ち四方投げを行いました。
もう2日後に大会を控えているだけに熱が入っていました。こういった努力が後々のためになります。努力が報われるとは限りません。しかし努力なしには成功は勝ち取れません。しっかりやりましょう。
最後は冬の審査の免状授与。





一般部・基本クラスにはおひとり見学の方がいらっしゃいました。
稽古の内容は審査があるからというわけではありませんが、基本動作からじっくり行いました。どうしても週一回1時間という時間的な制約の中では、審査のこともあり基本動作をすべて時間を取って行う、ということがとても難しいのですが基本動作をある程度やっていただかないとおそらく技をやっていても実感がない技になってしまうのではないでしょうか?相手は崩れないし、自分の力が相手に流れないし、抑えられない。。。。地味だし、よくわからないし、疲れちゃうから手抜きでやっていると後が怖いですよ。同じ黒帯でも基本動作がしっかりしている人の技とそうでない人の技は今入った人にもわかってしまいます。
ところで基本動作をまだ無級のOKNさんと行っていましたら、見学の方がご自身もやりたいということで体験を。いかがでしたでしょうか?
後の方々は級別に審査稽古。


一般部は両手持ちの肘当て呼吸投げと呼吸投げの自由技でウォーミングアップから。
呼吸投げの振りかぶりは臂力の養成!
後両手持ちの一カ条、三カ条を1と2。補助動作も雑にしないで。

翌11日は熊谷で。
熊谷の少年部には小学生の兄弟が新たに入会しました。男の子なだけあって技に興味津々な様子。どうしても一般が技をやっている方向に視線が動きがちです。気持ちはよくわかりますが、気を付け、構えができませんと基本動作に行けませんし、基本動作ができなければ技にもいけません。ここは我慢ですね。早く技がやりたければ早く基本動作をやるしかない。9-10級の審査が受けられるようになるまで頑張ろう!
ジュニア大会出場予定者も3名参加。さすがに前日ですからつべこべ言いません。暖かくしてゆっくり眠ってくれれば。風邪ひくなよ~。
一般は茶帯審査を念頭に置いた稽古。4名参加で良い稽古ができていたのではないでしょうか。

そして12日はジュニア大会当日。
いろいろありましたがまあ滞りなく、吹上は当日キャンセルもなく遅刻もせずに集合。
開会式前の練習では若干不安を覚えるも、ここはもう腹をくくるしかない。とにかく頑張れ!
開会式、ノゲイラも拝めた。意外にデカい!殴られて顔が変わってしまったみたい、目が細くなっていた。

スタッフとして動いていたので会員全員の演武を見ることはできなかったが、目が届く範囲で見たところではではまあまあ悪くなかったかな?ただ、組の割り振りも影響するのでどうだろう?
思っていたより順調に進行されあっという間に決勝戦。明龍館から何人も進出している!
頑張れがんばれ!!
結果は低学年の部で2位、3位で合計5名が入賞!立派なものです。
開会式の安藤先生のご挨拶にありました通り、稽古の時、投げ飛ばされて受け身を取ったらすぐに立ち上がってまた相手に向かっていきます。投げられるというのは負けることですがでも受け身を取ってすぐ立ち上がるのが大事。止めと言われるまで立ち上がろう!

今回は長めですみません。

さいとう

寒稽古終了、熊谷同好会便り

2月3日に寒稽古が終了。
このところイベントにはアクシデントがついて回ります。前回の鏡開きは会員のインフルエンザ、今回はジム先生の体調不良。あの体調で最後まで指導されたジム先生は尊敬に値します!僕たちもなんとかフォロー出来たかな?
明くる日曜日、熊谷同好会は元気に3名の一般、3名の少年部の出席で寒さも吹き飛ぶ猛稽古を行いました。そろそろ春の審査の準備に取り掛かります。日曜の夜で翌日からのことを思い複雑な心境の方もいらっしゃいますでしょうが、そういうものも含めていい汗で流してしまいましょう!審査前の出稽古も大歓迎です。結構長い時間稽古できますからぜひどうぞ。

さいとう



2018年2月13日火曜日

2/3寒稽古

先日2/3に第二回明龍館寒稽古が行われました。

今回はジム先生メインでの指導で、明龍館指導部の先生達のサポートにより5回のクラスに分け、各クラスでテーマ(間合い・タイミング・呼吸力・中心力・気の流れ)を決め、すべての基本技抜粋を行いました。











インフルエンザ等で欠席がありましたが、参加者71名、皆勤者38名と多くの方が参加されました。
ジュニア大会まで僅かということもあり、少年部の会員は最後まで集中して稽古を頑張りました!!本当にお疲れ様でした!!

2018年2月11日日曜日

さいたま 2月10日(土)

七十二候では、 黄鴬見睨 ( うぐいすなく )

ジュニア合気道大会に向けての稽古を中心に行いました。

施設予約が取れていなかった為、大宮武道館での稽古を行いました。

稽古時間の連絡ミスで予約時間と2時間ずれて連絡を行った為、柔道場が利用できるまで少年部は外に出てを走ったり、一般は通路を借りて構えの見直しをしたりしながら過ごしました。

稽古開始まで
  少年部
    ランニング?
  
  一般
    構え
    間合いの取り方
      片手持ち:当身は入るか?
      正面打ち:手刀は届くか?


少年部/幼年部
  全般ジュニア大会演武稽古















一般
  基本動作
  基本技
  審査稽古
  
  白帯初心者メンバーは正面打ち一ヶ条抑え(一)を行いました。
  仕手、受けの動作を単独動作で行ってから、相対で稽古を行いましたが、大分『雰囲気』が出てきました。
  上手な方を真似て、雰囲気が出せるように稽古をしてみると良いですね。
  

2018年2月9日金曜日

Kazo 2/4

春の日。
一年で一番寒い時節ですが、
この日の加須は先週に比べたらいくぶんましで、
涙が出てこない程度の寒さでした。


寒いのでまず走ります。
IMG_0820.JPG
ちょっと身体が温まりました。


間近に迫ったジュニア大会の稽古を中心に行いました。
決勝まで行くことを想定すると、たくさんの技をさらわなければなりません。
大変です!


出場しないメンバーは、正面打ち二ヶ条抑え(二)。
IMG_0823.JPG


1、2年生と入ったばかりのメンバーだったのでプチパニック(笑)
何やってるか分からないと思うけど、まずはまねっこしましょう。


ジュニア出場組は、一般部でも居残り稽古を行いました。



一般部は、


片手持ち四方投げ(二)
正面打ち一ヶ条抑え(一)
後ろ技片手襟持ち一カ条抑え(一)
正面打ち一ヶ条投げ


を行いました。

Omiya vistors welcome!

With Spring tests just around the corner, the visitors are starting to come...

Today we had a first time visitor from the nearby Iwatsuki dojo come train with us. In the last 6 months there has only been maybe 1 or 2 male visitors to this class. A nice change in atmosphere to bring out a bit more power from the ladies. We worked on some 5th kyu techniques as well as a couple off of the brown belt syllabus.

Note: next Wednesday class is cancelled. Check this blog for time changes etc.

2018年2月6日火曜日

Kasukabe Tuesday class 2/6

Slowly getting into test training at Meiryukan Kasukabe. Today we worked on 4th kyu techniques - ryote mochi tenchinage ichi, shomen uchi yonkajo osae ichi

Today`s main points were moving the hands and feet together throughout tenchinage.

Proper grip (soft grip and relaxed shoulders) during yonkajo.

Kasukabe Spring test dates are as follows:
Saturday, March 17th & Tuesday, March 20th.

2018年1月29日月曜日

インフルエンザ流行中・・・1/27吹上

インフルエンザが大流行中です。
気をつけていてもなってしまう時はなるので、何とも言いようがないですね。気合で乗り切れ!というものでもないし。
かくいう私も昨晩から体調を崩し病院に行きましたら「インフルエンザの疑い」とのこと。明日検査に行かないと。。。
先週の大雪や最強寒気団の襲来もありましたし、今週も雪の予報が出ていますのであったかくして美味しい物でも食べておきましょう。

さて、今週の稽古ですが、少年部は用事やインフルエンザで出席が若干少なめでしたが、みんな頑張りました。ジュニア大会の内容を主にやりましたが参加する子は今日言われた事をしっかり覚えておきましょう。
最後に冬の審査に合格した子たちに免状が手渡されました。春の審査は3月中旬です。
受けられるように頑張って稽古していきましょう。




一般部初級は立ち、座りで横面打ち四か条を行いました。手で押さえたツボにとらわれず相手の肘肩を返して腰で抑えるようなイメージが出来ると良いと思います。
あとは掛かり稽古で横面打ち正面入り身投げ。基本技との違いは重心移動の有無とかいくつかありますが、相手の勢いを殺さずに自分の回転の渦に巻き込むようなイメージができるといいと思います。


一般部は基本動作から。臂力の養成2から振りかぶりをテーマに。片手持ち一か条抑え(二)から。横に崩してからもたせた手をすり上げますが臂力の養成(二)の手の振りかぶりを使って。相手の手とのつながりを感じられるといいのですが。擦り上げふりかぶりの写真がないのが残念です。




横面打ちからの四方投げ風護身技や掛かり稽古で片手持ち肘当て呼吸投げを行いました。


最後に吹上同好会の皆さん、今度の土曜日2月3日は春日部で寒稽古を行いますのでコスモスアリーナでの稽古はありません。お間違えのないようお願いします。

さあいよいよジュニア大会まであとわずかになりました。まだまだできることはあります。「こんなもんでいいや」と思わず最後まで一生懸命稽古してもらいたいと思います。
保護者の皆さんも是非稽古の時から応援してあげてください。

さいとう