Sunday, June 26, 2016

カナダ合宿レポート Day3-4


Day3

おはようございます!
この日もまた、モリモリ朝食をいただいて出発です!


ジム先生のお父さまご家族のご案内で、ポイントペリー国立公園へ。


またカヌー。
We love canoe!













ここは、カナダの最南端なんだそうで、ホントに最南端部分がとがった形になってます。
早速、そのポイントへ!



どーん!














間違えた。



どーーん!

海じゃないですよ。湖です。
本当に素晴らしい景色でした!












稽古?やってますって。




この日は、Mark Lemmon先生の精浩館道場にお邪魔しました。

日本的なアイテムがたくさん見えますね!

ちなみに日が差してますが、これ8:00PMくらいです。
明るい!







Mark先生はとっても優しく丁寧に教えてくださる先生で、素敵なジェントルマンです!
そんな先生に習っている道場のみなさんも、とても仲良く和やかな雰囲気で居心地のよいすばらしい道場でした!


ほらね。














それでいて、記念写真の時はきっちり級・段順に整列したり、
Mark先生の言うことにびしっと従う真面目さもあり、とてもかっこいいのです!


われらがジム先生の講習もありました!













そして、精浩館道場は今年で設立15周年!!ということで、
道場の皆さんが手作りで持ち寄ったごちそうをいただきました。
皆さんの精浩館愛が伝わってくる素敵なパーティでした!



左端のマッチョさんが仕留めた鹿肉(!)をいただいてます

幹子さんビビることなくどんどん英語で声をかけていきます。カッコいい!











僭越ながら、私たちも日本からお祝いのだるまを持参しました。



おめでとうございます!

ますますのご発展をお祈りいたします!













Day4

いよいよジム先生のお母さま宅を出発です。


本当にお世話になりました!

素晴らしいおもてなしありがとうございました











そして、再び車で大移動。
Nic Mills先生の専道館道場へ向かいます。


実は、専道館道場ではスペシャルなイベントが開催されていました!
Robert Mustard先生とJoe Thambu先生、二人の8段の師範が4日、のべ12時間にわたって
教えてくださる、いわば合気道フェス!


このイベントのために、各国の合気道家が集まってきていました。
井上先生(185cm)が小さく見える・・・。


もちろん、浩子さんは子供扱いです(笑)














Robert Mustard先生はとても日本語が堪能で、私たちのために日本語で解説してくださる親切ぶり!
しかも、ユーモアたっぷりで、参加者のみなさん達は大笑いでした。

でも、そんな楽しい雰囲気でも、技をやり始めるとみなさん真剣なんですよね。



そして、Joe Thambu先生。周りの巨漢さんに比べると、大きくないんですが、
なんだかもう、オーラがすごいです。ほとんど神様です。


ジム先生、めちゃくちゃ嬉しそうでした














先生方はもちろん、イベントに集まってきた世界の合気道家もすごい人ばかりでした!


個人的に、ブラジルから来たという黒帯さんに、今までにないくらいスムーズな側面入り身投げをかけられて、ひそかに感動しました。







この稽古は本当にいい経験になりました!

私たちが参加したのは1コマだったんですが、
もっと長い時間やりたくなってしまいました

興奮が止まりません!
















・・・本当に止まってません。



ちなみにここは、カナダのスカイツリー、CNタワーです。

スカイツリーで技をかけあう外国人の集団・・・。

うん、よくいますよね!?




そして、夜はまたNic先生のお宅での
バーベキューパーティーにお招きいただきました!

とても素晴らしいお庭だったんですが、ほとんどNic先生が造ったんだとか!








本当にいろんな国の方がいて、みえこさんがいきなりスペイン語でコミュニケーションし始めてびっくりしたり(笑)


日本語の勉強してるよ、っていう方も、たくさんいてとてもうれしかったです。
ただ、酔っぱらった日本のおじさんたちが、変な日本語を教えてしまって、
本当にごめんなさい!

素晴らしい出会いでした!


Day5-6につづく


Photos by Hiroshi,  Written by Komasaki

No comments:

Post a Comment